ヘッダーイメージ 本文へジャンプ


アタカマ砂漠
2015年9月から10月まで取材
エルニーニョ現象の今年は
砂漠が花で埋まる「花砂漠現象」
が見られました。
花はスペイン語でパタ デ グアナコと呼ばれる植物
カランドリニア・ロンギスカパ Cakandrinia longiscapa)





 伝えたいのは
自然の不思議、美しさ。


  里山などの絶滅危惧植物を撮影。

   クローズアップで植物の不思議さを撮影。


世界中の植物を撮影

自然保護に努めます

持続可能な程度の自然観察。







髙橋修の新刊

「色で見分け
五感で楽しむ
野草図鑑」
ナツメ社


2014年5月に出版された図鑑です。




464種もの野草を写真で紹介
多くの種に五感で楽しめるコラムを書いています
セリバヒエンソウ、ツタバウンランなどの帰化植物を掲載
超クローズアップ写真も多数見られます
花色で見分けるインデックスがあります



髙橋修のサイン入り本を送料、消費税込みで1,400円で販売いたします。
ご希望の方は、髙橋修までメールでご連絡ください。


メールは
findeln @gmail.com
@の前の空いている部分を
つめてください。


色で見分け 五感で楽しむ 野草図鑑 (初版)正誤表
を作りました詳しくはここをクリックしてください。
初版以外では修正されています。







髙橋修(たかはし おさむ)

植物・自然写真家。植物撮影・観察講座「ボタニカル・ハイキング」主催。兵庫県西宮市甲子園で育ち、中学時代は鳥、高校時代は魚、大学時代は高山植物を観察。甲南大学文学部卒。山と海ふたつのの専門旅行会社勤務。世界各地を歩く。退社後、植物写真家木原浩氏に師事。現在は花の自生地へ、日本各地、ヒマラヤからアルプスまで撮影に飛びまわる。NHK文化センター青山教室講師などを務める。現在しんぶん赤旗に「世界 野生の花風景」を連載中(2013春に終了)。著書に「色で見分け 五感で楽しむ 野草図鑑」(ナツメ社)」「スイスアルプス植物手帳」「新潟・佐渡・苗場・谷川植物手帳」(JTBパブリッシング)、「山と高原地図 赤城山・皇海山・筑波山」(昭文社)、「海外トレッキングベスト50コース」(共著・山と溪谷社)など多数。ブロク「フィンデルン」はほぼ毎日更新中。




 

毎日のことについては


ブログ(フィンデルン)
で詳しく紹介しています。

 






   


 ●ボタニカル・ハイキング(ボタハイ)            

  


キバナノコマノツメ

 ボタニカル・ハイキング(ボタ・ハイ)
は、
 植物写真の撮影、観察を楽しむ講座です。
 少人数限定で植物写真家髙橋修がご案内します。

                
 ボタ・ハイ(←ここをクリック)




髙橋修写真事務所のホームページ
フィンデルン


NEW



世界の植物のページで不具合があったので修正しました。2015.11.01.

世界の植物・アタカマ砂漠を掲載しました。2015.10.24

トップページを更新しました。2015.10.24

トップページ直しました。2015.10.20

ボタハイ・ハマギク催行予定です。2015.09.11

トップページ直しました。2015.09.06

道具箱直しました。2015.09.05

トップページの写真ワレモコウを掲載しました。2015.09.04

ボタハイ ハマギクを追加しました。2015.0903

小人になって花探検の写真講座、フォトライブ追記しました。2015.0822

髙橋修写真展「小人になって花探検」を追加しました。2015.08.13

道具箱、加筆しました。2015.08.01

木曽駒ボタハイバス情報を追加しました2015.07.30

木曽駒ボタハイを追加しました。2015.07.24

白馬ボタハイを追記しました。2015.06.05

アポイボタハイの宿泊追記しました。2015.04.28

アポイボタハイの日程追記しました。20150408

ボタハイ情報追記しました。2015.03.08

ボタハイ アポイ岳の集合時間を変更しました。2015.03.05

ボタハイ・アポイ岳を追加しました。2015.03.04

NHK文化センターの西ガーツ山脈講座を紹介しました。2015.03.04

ボタハイ残席情報追加しました。2015.03.03

ボタハイ追記しました。2015.02.26

インド 西ガーツ山脈 カース高地を追記しました。2015.02.07

「道具箱」を追記しました。2015.01.29

ボタハイの弁当について追記しました。2015.01.26

「花の観察会」2015のツアーを記載しました。2015.01.20

表紙に雪の榛名山の写真を追加しました。2015.01.17

カナディアン・ロッキー・フラワーハイキングのツアーを追加しました。2015.01.17

高峰高原ネイチャー・スノーシューを追記。2015.01.14

ボタハイ3~4月を追記しました。2015.01..06






これ以前の更新記録はこちらをご覧ください。




植物写真家 高橋修のサイトです。
日本と世界の植物写真を中心に、さまざまな花や自然を紹介しています。



エーデルワイス


タイトルになっている「フィンデルン」は、スイス・アルプスにある
マッターホルンがよく見える、
高山植物に囲まれた、小さな村の名前です。

フッターイメージ